ペルセウス座流星群

多くの星が見えるペルセウス座流星群が12日から13日にかけ、見ごろを迎えるそうです。国立天文台の担当者いわく、ベルセウス座を見つけようとせず、北の空をぼーっと眺めるようにしたほうが見つけやすいとのことです。

時間にして、午前0:00からが観察に適していて、13日未明に1時間に30~40個の流れ星が見られる可能性があるそうです。

ちょうど今の時期は暑いですが、この時間ならまだ暑さもましなので、観察にはちょうどいいかもしれません。